詩を唄うご主人様

よかったら、ゆったりまったりと・・・時にメロディーと詩と

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「虹がある場所」

  1. 2015/02/28(土) 00:58:54_
  2. 徒然なるまま
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2




その笑い声が耳元にあって・・・

その手を引き寄せて同じポケットの中に入れて・・・

雨上がりひとつ傘の下で虹を見上げて・・・



ならきっと

いま心に浮かぶキミの横顔に

ふっと幸せを感じるのに



心に降る涙で

虹はできるのかな

いつか できるのかな・・・



今夜も心は振り子のように・・・

いつかを探してる

バカみたいだろw




虹2


追伸:
2月も終わりですね
3月 春には
みなさんが
何か微笑んでしまうような
いいことがありますように^^


スポンサーサイト

「Colors」

  1. 2015/02/27(金) 01:57:52_
  2. 徒然なるまま
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4




空さえ 色がついていなかった頃

時間さえ 音もなく単調に流れた


そんな・・・

そんな風景に色を付けたのも

流れる日々に旋律を付けたのも

他の誰でもないんだ



世界中にこんなにたくさんの人がいるのに

そんな魔法をかけたのはたったひとりだけ





遠い昔の話だね

もう 忘れかけていた 

遠い昔の・・・



でも・・・

ボクも魔法使いだったのかな・・・?

あの頃・・・キミにとって


もし

もしそうだったら

少しだけ 幸せになれそうな気がするんだ

この空に もう一度

色が付きそうな気がするんだ

モノクロの空



「She's so Rain.」

  1. 2015/02/26(木) 17:32:56_
  2. いつかの詩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2


「She's so Rain.」


雨に包まれながら
雨を呟いている

雨に打たれながら
雨を唄っている

彼女はまるで 水の妖精
雨音は 彼女の暖かい調べ

甘くて 切なくて・・・
胸のここんところを
やさしく抱きしめてくれる

She's so Rain.




追伸:
やっと一ヶ月が過ぎました。
やってみるとなかなかに大変・・・w

でも
こうして
多くの方に訪問していただいて
拍手やコメントをいただくと
本当やっていて良かったなぁ~と

10年以上も前の詩ですが
雨の日に
唄ってみました。



「エチュード」

  1. 2015/02/26(木) 01:52:23_
  2. 徒然なるまま
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2




ピアノのメロディーはバラード
夕暮れとともに
いつかの声が響いて


ピアノのメロディーはバラード
忘れ逝くなら
今宵を限りに


あなたのメロディーはエチュード
サヨナラの代わりに
思い出さえ残さぬように・・・

涙の代わりに
面影さえ残さぬように・・・




夕日を追いかけて



「風に吹かれて」

  1. 2015/02/25(水) 02:49:02_
  2. 徒然なるまま
  3. _ tb:0
  4. _ comment:6





気付いたら

こんな所まで来ていたよ

ずっと君の背中を見ていたから

ここまで来るなんて思いもしなかった



知らないうちに

ひとりで歩けるようになった

もう

ボクがいなくても大丈夫



心配ないよ

忘れることは構わない

大切なのは

キミが自分の足で歩いていくと言うこと



ボクのことは気にしないで

雨になれば踊り

太陽の下で唄い

風と共に歩いていくから



いつか

この世界にサヨナラをするとき

ちょっとだけ

ほんのちょっとだけ後悔するかもしれないけどね



あぁなんでキミを置いてきたかなって

あぁなんでキミの手を離したんだって

あぁなんでキミを抱きしめなかったのかって

ほんのちょっとの後悔・・・



さぁ キミが目覚める前に行くよ

キミの記憶を少しだけ消す魔法を残して

ボクの歌声も

二人で歩いたことも忘れるように・・・


階段



「深い青に・・・」

  1. 2015/02/24(火) 15:57:42_
  2. いつかの詩
  3. _ tb:0
  4. _ comment:4


深く青い夜


深い青に・・・
深い青に包まれて・・・
なんとなく孤独な
なんとなく自由な

そんな深い青に
深く青い夜に包まれて

静かに
密やかに
心地よく
深い青とともに

ゆっくりと・・・
ただゆっくりと・・・
時間だけが過ぎていくのを
時間だけが変わっていくのを
見ている

そんな
深く青い夜
深く青い風景





追伸:
今日2つめの詩ですが
10年以上も前に唄ったものです。
明日で、ちょうど一ヶ月
毎日、唄い続けていたら
ネタ切れに・・・というのは嘘wで
たまには
こうして「いつかの詩」を唄ってみようかな・・・・と。




「うたうたい」

  1. 2015/02/24(火) 10:20:13_
  2. 徒然なるまま
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0


星の海


この星の海に

僕らは生まれた

たったひとつの

時間を持って


この星の海に

僕らは生まれた

たったひとつの

理由も知らずに


この星の海に

僕は叫ぶよ

たったひとりの

君だけのために


この星の海に

僕は唄うよ

たったひとりの

君が理由だから


永遠なんて在りはしないし

「いつか・・・」なんてうそぶきたくないし

人類のためになんて正義はないし

俺様のためになんて自信もないし


ただ・・・ ただ・・・ ここにあるのは

ただ・・・ ただ・・・ 君への想い

ただ・・・ ただ・・・ ココロ締め付けるのは

ただ・・・ ただ・・・ 君の傍にいたいから


この星の海に

僕は誓いなんてしない

この惑星に生まれ落ちて

いつか消える者だから


この星の海に

僕は誓いなんてしない

約束の代わりに

いま花束を贈って・・・


涙の代わりに

いま笑顔を作って・・・


そう・・この唄が

いま君のためにあるように・・・






「セピア」

  1. 2015/02/23(月) 01:51:35_
  2. 徒然なるまま
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0





いつか見たあの映画 覚えてるかな

彼は何度も時間を戻る

彼女を助けるために

何度も


いつか見たあの映画 忘れてしまったかな

彼は何度 時間を戻っても

彼女を救えない

何度やっても



運命は・・・

時間を戻っても変わらない きっと

ここに立ち止まっていても

何も変わらない きっと



なら

僕たちは明日に向かうしかないのでしょう

そこに

一人の姿しかないとしても



雨が空から降るように・・・

川は高いところから流れるように・・・

海がいつも波の音を聞かせるように・・・

時間は物語を進めるんだよ・・・必ず



なら・・・

明日に君の姿を探すんじゃなく

昨日に君の心を求めるんじゃなく

大切にするよ・・・ここまでを これからを



いつか大人になって

いつか今よりもっと素直に

君の笑顔を

真っ直ぐに見ることができる日が来るように・・・



いつか大人になって

いつかの・・・映画のように・・・

繰り返さないよ

真っ直ぐ笑えるように・・・



タイムマシン



「星が降る夜に・・・」

  1. 2015/02/22(日) 09:45:33_
  2. 徒然なるまま
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2





北へ向かってね

歩いていたんだ

ひとりきり

夜の道をね



夜空を眺めながら

歩いていたんだ

ひとりきり

いつもの道をね



星がひとつ・・・北へ真っ直ぐに流れた

キミを思いだした

ふたつ  みっつ  よっつ

君に会いたくなった



空の星が

全て流れ出した

君を迎えに行かなきゃと思った

君に話さなきゃと思った



星に3回願いを唱えれば

全て叶うのに

できないことばかりなのに・・・

ひとつもできないのに・・・



願うことを忘れて

できないことも忘れて

君に会うことさえ叶わないのに

それさえ忘れて



流れる星を見て

ただただ会いたいって

ただただ話したいって

ただただ迎えにいかなきゃって



星が流れる夜なのに

心まで流れる夜なのに

涙が頬を流れてるのに

君への想いさえ流れてるのに



ここに君がいないって

君がいないんだって

君がいないってことばかり

そればかり・・・






気付いたらいつもの朝だったよ

ひとりきりのベッドの上だったよ

夢の中でさえ

星が流れてくれたのにね・・・



流れ星


追伸:
夜空の星が全て流れた夢をホントに見ました。目覚めてはっきりと覚えていました。
夢の中で思ったこともほぼ一緒ですw
それからコーダラインの「Talk」を聴きながら、詩のイメージを考えたらホントに涙が流れました(^^;)
まぁ・・・そんなこんなの「星が降る夜に・・・」なのです。



「理由・・・」

  1. 2015/02/21(土) 07:02:25_
  2. 徒然なるまま
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0





このまま・・・

このまま忘れてしまうのかな

何もなかった・・・

確かにそうだけど


このまま・・・

このまま忘れていいのかな

痛いんだよ ここ・・・

確かにそうだけど


なぜ 君が僕の前にあらわれたの?

これは 誰かが与えた罰だったの?

それとも 誰かが与えた恵だったの?

ラストシーンまで 準備されているの?



・・・理由は要らない 答も要らない

そこに理由があって

そこに答があって

でも・・・見えなくなるのは変わらない



愛しさに負けそうでも

切なさに負けそうでも

昨日までのことに負けそうでも

来るはずのない未来に負けそうでも



忘れないよ

誰に言われても

忘れないよ

魔法にかけられても



きっと忘れない

この心の中に

傷を残してでも

忘れないよ・・・きっと 


放課後





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


いらっしゃいませ

ヒラヒラと・・・( ̄ー ̄)フッ

プロフィール

ご主人様725

Author:ご主人様725
徒然なるままに
思いの丈を
書いてみようかなと・・・

最新トラックバック

Flashリバーシ

« 2015 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。